高設栽培にした理由

まず最初に、土耕栽培もいい部分があり、高設栽培にもいい部分があります。

 

土耕栽培は味がいいイチゴがとれやすいです。

これはイチゴの根が張れる土が高設栽培に比べてより多いためと言われています。

 

高設栽培は収穫量が多いです。

液肥などの環境を管理し易い為、土耕栽培より収穫量が多いと言われています・

 

ここで、経営で5年計画を考えていた自分は考えます。

土耕栽培で、収穫量を増やしていく努力をするのか?

高設栽培で、味を良くしていく努力をするのか?

さらに土耕栽培だと、屈んで作業するため、収穫量増えたときに作業量増えても対応できるかどうか。

 

私は、長く農業を続けたいので先行投資と思って高設栽培を選択しました。

1年目で土耕栽培をやって土の大切さも経験しているので、色々ある高設栽培のシステムの中でも土の量が多いシステムを選択しました。(1株当たり5L)

有機液肥や有機肥料を使用して、土耕の土をそのまま棚の上に持ってきたイメージです。

 

使用する土の多さから高設土耕栽培と書いてあったこのシステムで味を良くしていく努力をしていきたいと思います。